ウーマン

妊娠線を予防できる|クリームを塗るだけでオッケー

使わない理由がない

ファンデーション

天然由来の肌に優しい成分だけで作られたミネラルファンデーションは、石鹸のみで洗い流すことができます。そのため、クレンジングにかける時間が短縮できると同時に、肌に負担をかける心配もありません。誰でも気軽に美肌を目指せるようになるのです。

詳細

お腹の肌の弾力

妊婦

肌が裂けることで生じる傷

肌には基本的には弾力があるので、引っ張ると伸びますし、引っ張ることをやめれば縮みます。しかしその弾力には限りがあるので、限界を超えるほど強く引っ張ると、千切れてしまいます。そして妊娠すると、その現象がお腹の肌で起こりやすくなります。お腹がどんどん大きくなることで、内側から押し出されて肌が突っ張っていき、やがては裂けてしまうのです。これによって生じる傷が妊娠線なのですが、昨今ではこの妊娠線の予防のために、クリームでケアをする人が増えています。弾力の限界を超える力が加わることが原因ですから、その弾力の限界を高めれば、妊娠線を予防することが可能となるのです。そして弾力は、コラーゲンが配合されているクリームを使用することで、高められていくのです。

高齢出産をする人の増加

ゴム紐には弾力がありますが、細いため引っ張りすぎると切れることがあります。しかしこのゴム紐を織って布にすると、頑丈になって切れにくくなります。コラーゲンが配合されているクリームを使用すると、まさに肌もそのような状態になります。コラーゲンは細長い繊維状の物質なので、これを肌に与えれば、肌は多くの糸を使って織った頑丈な布のような状態になるのです。そしてこれにより、妊娠線の予防効果が出てくるというわけです。コラーゲンはもともと肌に存在していますが、年をとるにつれて減っていきます。つまり肌の弾力は、加齢によって低下するということです。そのため高齢出産をする人が増えている現在では、妊娠線に悩む人も増加しています。このことから、クリームで妊娠線を予防する人は、今後さらに増えていくと予想されています。

一重からくっきり二重へ

目元

一重に悩んでいても、二重のために手術は受けたくないと考える方がほとんどでしょう。それならば、ナイトアイボーテという接着コスメで瞼に二重のクセを付けることをおすすめします。瞼に必要以上の負担を掛けることはありませんので気軽に二重を実現できます。

詳細

天然由来の洗顔料

石鹸

固形石鹸の良さが見直され、洗顔料として洗顔に使う人が増えています。洗顔石鹸は合成界面活性剤を使っていないので、最小限の負担で洗えるのが人気の理由です。保湿効果が高い天然由来のオイルが入っている洗顔石鹸なら保湿効果もあります。

詳細