女の人

妊娠線を予防できる|クリームを塗るだけでオッケー

天然由来の洗顔料

石鹸

人気の固形石鹸

手を洗う時に使う人が多いのが固形石鹸です。洗顔料やボディーソープやシャンプーが登場する前は、頭、顔、体、すべて固形石鹸で洗っていました。しかし、今は固形石鹸を顔のスキンケアに使用する人が急増しています。洗顔石鹸の良さのひとつに、シンプルな成分で肌に優しいことが挙げられます。洗顔フォームの場合、しっとり系やさっぱり系などがあり、沢山の成分を使っています。それらの中には合成界面活性剤も含まれます。基本的に洗浄力が強いので、皮脂を落としすぎてしまうリスクが高いのが欠点です。しかし、洗顔石鹸は余計な成分を使っておらず、肌に負担をかけずに洗えます。特にクレンジングとのダブル洗顔をしている人は、洗顔石鹸を使えば極力肌ダメージを軽減できます。

基本的な材料

無添加の洗顔石鹸ほど肌に優しく、敏感肌向けです。洗顔石鹸の原料の基本は、精製水と油分と水酸化ナトリウムです。この他に保湿効果を高めるオイルや、香りづけのアロマオイルを使用しています。基本的に水と油を混ぜ合わせて出来るもので、すべて天然由来の成分なのが特徴です。洗顔石鹸の原料のひとつがオイルです。どんなオイルを使っているかは、洗顔石鹸によって異なります。オリーブオイルにはしっとり効果、ホホバオイルには浸透効果、ココナッツオイルには泡立ちアップ効果があります。洗顔石鹸はそのままだと泡立ちがよくありませんが、泡立てネットを使用すればクリーミーな泡が出来ます。基本的に泡の弾力で洗うものなので、よく泡立てる事が基本です。